send link to app

競馬予想アプリの決定版-”高配当・万馬券の鬼才”



Libero

■競馬予想を的中させる方法とは?普段、みなさんが競馬予想をする際にどのような予想をされていますか?
「競馬新聞の競馬予想情報を鵜呑みにして馬券を購入する」
「競馬予想のデータ分析は無意味と思い込み直感で馬券を購入する」
「パドックで落ち着いた馬を中心に馬券を購入する」
「直前のオッズを確認して、人気薄を織り込んで大穴狙いで馬券を購入する」
結果、【競馬予想トータル収支はマイナス】。
競馬予想をされている、ほとんどの方がこうした経験をされているでしょう。
どんなプロ競馬予想家であれ、どんなカリスマ競馬予想師であれ、誰しもが必ず経験した事のある試練と言っても良いかもしれません。
そう、競馬予想をされている方は皆さん必ず通ってきた道なのです。
では、こうした負のループから抜け出すには、どのように競馬予想に取り組めば良いのか?
誰しもが通る【試練】を簡単に乗り越える方法があるのです。
それは、競馬予想の思考・発想をまるっきり変えてしまう事に他ありません。

■競馬予想は直感ではなく、情報とデータを駆使した”最も勝ちやすい馬券の買い方”をし続ける事
このアプリを発見した貴方様は、もはやそうした悩みから解き放たれます。
そもそも、競馬業界のシステムをご存知でしょうか?
競馬の払戻率「単勝・複勝なら80%」「枠連・馬連・ワイドは77.5%」「馬単・3連複75%」「3連単72.5%」「Win5は70%」。
馬券購入者は、馬券を購入した段階で既に2割から3割を損してしまう仕組みこそ競馬なのです。
競馬予想だけで生活したい、年間収支100%超えしたい。。。
競馬好きなら誰もが思い描き、こうした夢を抱き始めます。
しかしながら、
「自分の競馬予想の力をもっと身につけるぞ」
「データ分析をしてイイ馬を選ぶぞ」
こうした考え方ではダメなのです。
ここで【断言】致しましょう。
こうした発想を続けている状態では、競馬予想で100%勝てません。
では、競馬予想で大きく稼ぎ、年間収支100%超えを可能にするにはどうすれば良いのか?
それは、競馬情報と競馬データを駆使した”最も勝ちやすい馬券の買い方”により、穴馬が入着する可能性の高いレースを選択し、高配当を継続的に的中させる事に限ります。
つまり、”高配当の馬券を当てにいく”のです。
何度も繰り返しますが、勘や偶然ではなく、血統から調教、過去の出場レースや、レース自体の過去傾向。
騎手の傾向やコース特徴、そして天候とオッズ。
もっと言ってしまえば、「当日の馬の体調」や「騎手と馬の組み合わせ」「内回り、外回り」など、基本的なデータから、”一般的には知られていないデータ”まで全てのビックデータを活用し、統計学的な理論を駆使した解析競馬予想システムを使う事。
ここまで理解すれば、もはや貴方様も”試練を乗り越えたも同然”なのです。競馬予想の本質に迫るのです。

■”あの男”の回収率を遥かに超える偉業
2013年/5月29日 7:00「日本経済新聞」で一面を飾った競馬ニュースをご存知でしょうか?「認められた「馬券のプロ」 競馬払戻金課税で判決 」というタイトルでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー大阪市の元会社員が2007年から09年の間、インターネットで28億7000万円の馬券を購入し、競馬予想にて払戻金30億1000万円を得る。↓一般的なサラリーマンの場合、一時所得のもうけが年90万円を超えると申告義務が生じるが、元会社員はこれを怠ったとして大阪国税局が税務調査に入った。↓6億4,000万円の所得税が課され、検察は払戻金を申告せず5億7,000万円を脱税したとして起訴した。↓5月23日の大阪地裁判決は所得税法違反は認めて、懲役2月・執行猶予2年(求刑懲役1年)を言い渡す。↓しかし、脱税額については「利益は外れたレースも含めて継続的に馬券を購入してきた結果によるもので、当たった馬券の購入代だけでなく、外れ馬券の代金も必要経費になる」という元会社員側の主張を認め、5,200万円に減額した。
※元会社員の競馬予想で脱税行為が問われた裁判。競馬予想の払戻金課税に際し、外れ馬券の購入費まで必要経費と認めるか否かが焦点になったのだ。この際話題になったのが、被告人が競馬予想でこれだけの回収率を出したシステムだ。
大阪市在住の被告は04年から、日本中央競馬会(JRA)のネット投票システム「IPAD」を通じ、100万円の元手で競馬予想を始めたのだが、方法が並大抵ではなかった。古典的な競馬予想ファンのように、個々のレースを予想し、結果に一喜一憂するのではない。多くのレースに網をかけ、効率的に高額配当馬券を的中させることで、投資に対するリターン(回収率)の最大化を図った。武器は市販の競馬予想ソフト。レースを左右する様々な要素についての分析が瞬時にできる。被告はこれを自ら競馬予想ソフトを改良して、各レースで高いリターンの期待できる馬を選び出す方法を編み出した。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー100万円を元手に4年間で、約35億986万円の馬券を購入し、払戻金は約36億6,493万円。
差益が、なんと1億5,507万円。
競馬予想のシステムを自身で改良し、荒稼ぎした男の話だ。
【回収率は104.4%を記録した】驚くべき競馬予想システム。
実はこの後、上記のニュースを遥かに超える偉業を成し遂げた1人が現れるのです。
この記事から3年目、遂に当時の回収率104.4%を超える競馬予想システムを作ってしまったのです。
なんと競馬予想システムで113.6%の偉業!!!(2016年1月~4月データ)
精度を高めた競馬予想システムから導き出される”競馬予想情報”を、初公開します。
この「競馬予想アプリの決定版-”高配当・万馬券の鬼才”」を見つけた貴方様は運が良かったとしか言いようがありません。
ぜひこのシステムを使った競馬予想を体験してみてください。自信があります。